浮気されてしまう原因について

いい人なのに浮気されやすい人、今までお付き合いした全員が浮気して破局した経験のある人の特徴についてまとめてみました。

性格が独特な人よりも八方美人やおとなしい人の方が浮気されやすいようです。
3つほどに特徴をわけてみました。


恋愛に依存しがちな人

恋愛に依存しがちな人、恋愛にのめりこみやすい人の特徴は相手にのめり込みすぎる点です、時に度が過ぎて相手の都合よりも自分の気持ちを優先して自ら良好だった関係を壊す傾向があります。


特徴的なパターンとして、相手の仕事中や睡眠中など連絡とりにくい時間帯でもお構いなしにメール、電話をして返事がないと連絡がつくまで徹底的に連絡し続ける。既婚者の方なら仕事中に連絡がとれない時間帯が必ずあるのですが、この点を理解せずに自分の気持ちだけを押し付けると嫌悪感が増してしまうことになります。相手の都合も考慮して依存せず、束縛しすぎないようにしましょう。


面倒見がよい人

性格の良い人、親切な人が浮気されやすいのが面倒見が良すぎるために浮気されてしまうパターンです。これは相手の言うことや望むことを全て許してしまうことでパートナーが貴方なら何でも許してくれると勘違いしてしまう、もしくはつけあがるのが原因となります。


子供の育て方を参考にしますが、幼い頃から何でも買い与えしまうと我慢や周りへの配慮に気づかない性格になりやすいそうです。子供と大人は違うと思われるかもしれませんが、大人の方が知恵の付いているだけ自分にとって都合の良い相手には非常識な対応を行ってきます。浮気しても貴方へ謝罪しない、浮気していても自分には非がないと堂々とする人もいますが、それは過去に貴方が許しすぎた為に「このくらいなら平気」とつけあがるのです。


これを防止するには、しっかりと自分の意思をつたえること。相手と積極的に喧嘩するのではなく意思の疎通を図るために自分の意思を伝えることで相手も貴方がどのような考えをもっているか理解できるのです。


相手のことを信用しすぎる人

虚言癖のある異性に捕まりやすいのがこのタイプの人です。相手を信用することは人間関係を円満にするためには大事なことですが、何でもかんでも信用するのは危険なことでもあります。


結婚詐欺の被害に合いやすい人も相手のいうことを信用するあまり多額のお金を貸してしまった、借金の肩代わりをしてしまうなど相手に利用されるだけされて捨てられるパターンですが、相手の言動へのチェックが足りないと相手の行動の矛盾点に気がつかないものです。


好きな人だから疑いの気持ちを持ちたくないのは理解できるのですが相手の言動が信用に足らない場合、一歩ひいて観察するのも大事なことです。